ブログトップ
BROCANTER Y.MATSUDA
brocantery.exblog.jp
<   2014年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
庭のちから
曇天の中、モネの庭へ。
朝早くからたくさんの観光客が並んでいました。ヨーロッパ圏以外からの人達も多く、中国や韓国、東南アジアからも。もちろん日本人も。世界中からたくさんの人達が訪れる庭のすばらしさに、あらためて感服です。
d0239677_565097.jpg

d0239677_524017.jpg

午後はボールガール城へ。ポタジェが有名なのですが、時期が早いせいか週一回午後のオープンにもかかわらず、ほとんど人がいません。
木がのびのびと本来の生育樹形になり、鳥が楽しそうにさえずっていて素晴らしいです。
スケール感はゴルフ場規模。
スイセンがひっそりと咲いていて、どちらかというと落ち着いたこちらの方が好みです。
d0239677_516885.jpg

妻からメルシーでやっているイベントのメールをもらったので早速行ってみました。
こちらもスケールが違う!
d0239677_5221159.jpg

鶏や兎も。
d0239677_5251577.jpg

下には木枠に水を張って、グンネラのような湿生植物を並べ、ステージの上には枝垂れヨーロッパブナの芽吹きの大枝を吊り下げてます。
周りの人達も入ってくるなり携帯で写真を撮りまくっていました。それに便乗して僕もです。(笑)
d0239677_5274217.jpg


もっと画像を載せたかったのですが、どのホテルも写真のアップロードにものすごい時間がかかり、あまりたくさん載せられませんでした。

いろいろとトラブルもありましたが、こうして安心してこっちに来れるのは家族とスタッフのおかげです。
とても感謝しています。
明日無事に飛行機に乗れるといいのですが。
[PR]
by brocanter | 2014-04-15 05:51
クリニャンクール
いつものようにパリに移動。リヨン駅の建築もアンティーク同様です。配管や躯体構造も凝ったつくりで、来る度に唸ります。
d0239677_14281374.jpg

今回は少し時間をとり、あちこちまわることにしました。
アンティークの街クリニャンクールも、昔からスタイルを変えていないところや若い人が経営しているクールな店などが増減し、少しづつ変遷しています。最近は比較的新しめの物が流行っているので、全体的に1920~60年代くらいの商品を扱う店が増えています。ここもそうです。
d0239677_14403318.jpg

個人的にはここが一番グッときました。
d0239677_1448610.jpg

中はこんな感じ。
d0239677_14495481.jpg

この小屋も古いもの。もちろん売り物。
d0239677_14522448.jpg

圧倒的な感じが写真だと伝わらないかもですが、とにかくこの店何を売っているの?と言う感じ。
(うちの店も見る人によっては若干何を買えばいいの?と言う感じかもですが(笑)
d0239677_1455682.jpg

パリを愛しているというミシェルが是非行ってみろと、いうことでペールラシューズ墓地へ。
ショパン、モディリアー二、エディットピアフ他、200年以上の歴史があるだけあってお墓も風格が違います。木々に囲まれ公園のよう。うちの父親が、墓石が欠けているから交換したいと酷く気にしているので、味のある良さを見せて、考えをあらためさせたいです。(笑)
d0239677_1511587.jpg

d0239677_15285589.jpg

そしてコルビジェ建築。解体途中で手つかずになっている我家のイメージはこれだ!と勝手に妄想しています。
d0239677_15222030.jpg

[PR]
by brocanter | 2014-04-14 15:37
タイル職人
友達のミシェルの家の外構もできてきました。引っ越してからも少しづつ家が良くなってきています。
タイル工事が昨日から始まり、今日は下地作り。セメントと砂を混ぜ水を少し加えたバサモルタルで下地を作るのは同じなのですが、独特のスコップで手練でやってます。しかもものすごく速い。他の仕事を見てもラフときっちりのサジ加減が絶妙です。
d0239677_4102855.jpg

別れる日に職人御用達の塗料屋さんへ。ホームセンターにはないものもたくさんあるそう。
d0239677_4142232.jpg

仕上げはこれが良いらしい。
d0239677_4154174.jpg

日本からブロカンターが来てるんだよと紹介してくれ奥に案内されました。資材置き場の上には、たくさんのイスやテーブルが積んであり、良かったら買わないかと勧められテーブルを購入。
d0239677_4163067.jpg

塗料屋さんに来る前にも、写真のモルタルを練っているタイル屋さんの家に行ってドアを買いました。(笑)
やっぱりこういうことが文化として根付いているんです。
19世紀のドアなのでさすがにかなり虫食いや割れもあり、迷ったのですがチェスナッツ材でしっかりしてたので購入。 
d0239677_418052.jpg


ミシェルと最後の晩に原発や環境問題の話をしました。フランスでは福島の海の事が日本とは違う報道がされているそうです。放射能の数値に関しても基準が変更されている根拠がないことや原発大国フランスでも一部の原発でいろいろと問題が起きているが、日本と同じように一部のマスメディアしか本当のことを報道しないと。フランスでも潜在的な原発反対派たくさんいるそうですが、変えられないのは利権構造があるからと、全く日本と同じでした。できることは少しづつでもいろいろな人とこの話をし、問題意識を持つ人を増やすことだよねと言う意見で一致しました。
[PR]
by brocanter | 2014-04-13 05:05
戦利品
買った商品のご紹介。トラックまで持ってくるのに苦労したカウンターとテーブル。どちらもフランス北部で作られた物。ナラ(オーク材)製です。南部では乾燥し過ぎて割れてしまうので、家具にはほとんど松材が使われています。
d0239677_544744.jpg

d0239677_5441010.jpg

今フランスではミッドセンチュリーものがとても流行っていて、値上がりしています。1950年代物。
d0239677_5441384.jpg

フランス人デザイナーもの。
d0239677_5441534.jpg

どちらも座り心地良いです。
[PR]
by brocanter | 2014-04-12 05:32
個性派ぞろい
古物を売買するディーラーをブロカンターと言うのですが、個性的な人も多いです。
世界遺産のあるオランジェに住むおしゃれ男子のスペース。グリーンを使って変わったセレクトアイテムをディスプレー。こっちの方向も面白いけど、日本人に売れるかなー。
d0239677_14342959.jpg

3mを超えるキリンのオブジェや微妙なラッパを吹く置物。こんな大きな重いものでも、せっせと並べては売れなければまたトラックに積んでもって行く。感心します。
d0239677_14305760.jpg

個性あふれる4人でシェアしている200坪ほどのショップで。
手をあげているのがクリストフで一応経営者。日本人を蔑んだり、アグレッシブなディーラーも結構いて、良い物を持っていてもそんな人たちからは買いません。みんな自由人ぽいけどとても良い人達。
d0239677_14434295.jpg

[PR]
by brocanter | 2014-04-11 15:07
花盛り
昨夜は撮影に協力してくれたイケメンのフレッドも来てくれて本を進呈。自分の家が本に載ってみんなとても喜んでくれました。
d0239677_41106.jpg

トラックで走り回っているので、なかなかゆっくり景色の撮影もしていられないのですが、
お金をおろすついでに寄った街でも、絵になります。自転車のカゴと荷台に直接植えている上級者。
d0239677_46784.jpg

フジも咽るような香りを放って満開。この家もいい感じです。
d0239677_4134680.jpg

ヨーロッパギョリュウも枝垂れ桜のよう。
d0239677_3592273.jpg

[PR]
by brocanter | 2014-04-09 04:23
家族
久しぶりに来た友達の家に新しい家族が増えてた。裏庭でプロヴァンス地方の馬。脚が太い。
d0239677_14151086.jpg

フランスで好かれているロバ。触り心地はゴワゴワだけど結構かわいい。
d0239677_14151231.jpg

d0239677_14151577.jpg

引き出しには子猫達
d0239677_14151632.jpg

眺めも良い山の中なので。
d0239677_14151752.jpg

[PR]
by brocanter | 2014-04-07 14:04
サクランボ畑

3日間でこの量だから結構頑張っているはず。手前の棚はパン屋さんで使われていたもので、棚から板を引き出せるようになっていて、パンを移し替える仮置き場になる気が効いた作りになってます。
d0239677_13152876.jpg

個人的に魅かれるもの。
d0239677_13275180.jpg

サクランボやリンゴ、アンズの畑が満開
d0239677_13174141.jpg


黄色く一面を覆うのはマスタードの花
d0239677_13191280.jpg

[PR]
by brocanter | 2014-04-06 13:32
ブリッコラージュ
DIYをブリッコラージュと言うのですが、みんな普通にやってます。アレックスの家も2階の床がなかった3年前からようやく完成目前。屋根の梁の皮むきから、水道、電気、左官に木工。
d0239677_7535691.jpg

立派なオーブンと冷蔵庫が入り、料理にも熱が入るらしい。スーパーでは食材は買わない自然派思考の手料理はシンプルだけど、かなり美味しいです。
d0239677_756287.jpg

仕事もちゃんとしてます。アトリエで使われていたスチールの窓。めちゃくちゃ重くて後悔してます。
d0239677_7595181.jpg

[PR]
by brocanter | 2014-04-05 08:06
道中
思ってたよりも暖かいです。東京よりも2~3度低い位。春の装い。プリムラの群生。
d0239677_15534067.jpg

立ち寄ったホームセンターで。
作りは悪いけど安い。日本だと3~4年持てばかな。
d0239677_15534448.jpg

こんな階段も売ってます。自宅にほしい。
d0239677_15535041.jpg

ヤドリギも群生。種が幹に付着してから発芽まで2年もかかるスロースターターの木。うちのアカシアにも付着させてます。
d0239677_15541694.jpg

「ルリユールおじさん」と言う好きな絵本があるのですが、ルリユールとは本を製本し直す仕事。日本にはきっと無いと思うけど、フランスにはやっぱりあるんだとちょっと嬉しい。
d0239677_15544127.jpg

[PR]
by brocanter | 2014-04-04 15:38