ブログトップ
BROCANTER Y.MATSUDA
brocantery.exblog.jp
クリニャンクール
いつものようにパリに移動。リヨン駅の建築もアンティーク同様です。配管や躯体構造も凝ったつくりで、来る度に唸ります。
d0239677_14281374.jpg

今回は少し時間をとり、あちこちまわることにしました。
アンティークの街クリニャンクールも、昔からスタイルを変えていないところや若い人が経営しているクールな店などが増減し、少しづつ変遷しています。最近は比較的新しめの物が流行っているので、全体的に1920~60年代くらいの商品を扱う店が増えています。ここもそうです。
d0239677_14403318.jpg

個人的にはここが一番グッときました。
d0239677_1448610.jpg

中はこんな感じ。
d0239677_14495481.jpg

この小屋も古いもの。もちろん売り物。
d0239677_14522448.jpg

圧倒的な感じが写真だと伝わらないかもですが、とにかくこの店何を売っているの?と言う感じ。
(うちの店も見る人によっては若干何を買えばいいの?と言う感じかもですが(笑)
d0239677_1455682.jpg

パリを愛しているというミシェルが是非行ってみろと、いうことでペールラシューズ墓地へ。
ショパン、モディリアー二、エディットピアフ他、200年以上の歴史があるだけあってお墓も風格が違います。木々に囲まれ公園のよう。うちの父親が、墓石が欠けているから交換したいと酷く気にしているので、味のある良さを見せて、考えをあらためさせたいです。(笑)
d0239677_1511587.jpg

d0239677_15285589.jpg

そしてコルビジェ建築。解体途中で手つかずになっている我家のイメージはこれだ!と勝手に妄想しています。
d0239677_15222030.jpg

[PR]
by brocanter | 2014-04-14 15:37
<< 庭のちから タイル職人 >>